Blog

ブログ更新情報


2021

【ラストブログ 4年 副将 DF 深谷康太】

練習前に嗚咽が止まらないのぶとから回ってきました。4年LMFの深谷です。


引退する実感なんて1mmもないまま"引退ブログ"を書いてるので情趣のない文章になること間違いなしなのですが、簡潔に書くつもりなのでお付き合い下さい。


4年間を振り返り、かなり波のある部活人生だったと思う。1年の頃は頑張れど芽は出ず、壁当てをひたすら行った。それが少し実り2年ではリーグ戦に呼んでもらった。しかし3年では、キャプテンとして参加したつま恋の初戦で前十字靭帯を断裂し、そこから約1年間離脱した。


その浮き沈みの中で、特に怪我で離脱している間に多くの人に関わる機会があり、沢山の考えを学べたと思う。


このブログでは主に、プレイヤー、そしてサポーターの両方を経験し、チームを内外から見た自分が気づいたこと、学んだ事を2つ書きたいと思う。参考程度に読んで欲しい。



1つ目は「慣れと成長の区別」。


勉強でもスポーツでも、何をするにしても継続的にこなしていく事で自ずと成果を上げる事もできる様になると思う。だが、それは「慣れた」から出来るのであり、必ずしも成長に繋がっているわけではない。


ダルビッシュ有がTwitterでつぶやいたのが「練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ」という言葉。


これは核心をついていると思う。


上手い選手はもれなくこれができてると思う。

なぜ失敗したか、なぜ成功したか、その緻密な振り返りをパス1つとっても自然に考えられている。


また、頭を使うことの他に、身につけたスキルを様々な場面に応用できるかどうかも成長の一つの指針である事を、特に他大学や社会人の人と話して学んだ。


是非大切な後輩は"慣れ"に驕らず、今の勢いで成長を続けてほしい。


2つ目は「チームは一人一人の関係性の総和で出来ている」ということ。


これは第1回学生ラクロスサミットでラクロス協会の安西渉さんが仰っていたことである。

(YouTubeに動画があるので見てみてね)



よくチームは船に例えられるが、そんなものはなく、100人の部員がいたら100人の部員一人一人との関係性が集まったものがチームであるという事である。


そして、チームを強くしようとした時に大事なものは、一人一人との関係性をどれだけ強くできるかに掛かっている。


よくうちのチームではスタッフとプレイヤーとの関係が問題になることが多いが、その様な問題に限らず、問題解決をする時には、是非チームという大きなものを持ち出して語るのではなく、1対1でとことん向き合い解決していって欲しいと思う。


下級生含め、全員が自分の意見をもち、発信する姿勢を持つことができれば、上智ラクロス部はよりボトムアップで強くなっていくと思う。


自分を含む俺らの代が弱い世代、陰キャだと揶揄されるのは圧倒的に発信力が原因だったと思う。


後輩達は良い意味で自我が強いので、仲違いしない程度にお互いぶつかっていって、スタッフやプレイヤー関係なく高めていって欲しいと思う。



最後に、このまま説教臭く終わるのは嫌なので、感謝を述べて終わりたい。


これまで関わってくれた人達には心から感謝している。

0から育成してくれた歴代の先輩方やコーチの方々、不甲斐ない自分を慕い、煽りを含め活気づけてくれた後輩達、そして4年間共に駆け抜けてくれた同期達。


とても人に恵まれた4年間だった。

改めて本当にありがとう。


最後のリーグ戦に向けて。

負けてしょぼくれたまま引退するのは死んでも嫌だ。

絶対に人生のハイライトに残る試合をしよう。そしてこれまで支えてくれた人達に恩返しをしよう。


必ず勝とう。


Forward !!!!!


次は皆お待ちかね、和菓子屋の息子で我らが主将の大木陸!!!



コメント
名前

内容